ジュニアユース?部活動?街クラブ??どれを選べばプロサッカー選手になれるの??  分からないことだらけのチーム選び初心者のあなてにおくるメリット・デメリット

サッカー
スポンサーリンク

こんばんは、カタルです。

サッカーを小学校から、または幼稚園から始めるひとが多いと思いますがこの季節になるといよいよ本格的に進路を考えだす頃かと思います。

親御さんと本人でしっかり話し合って決めてほしいですが僕の経験談も含めて紹介していきたいと思います

まず、U-12からU-13にあがるにつれてどこでサッカーをするのか?となってきますよね。

ここで出てくる選択肢は

部活

街クラブ

Jクラブのジュニアユース

の3つです。

っていうか何が違うの??全部一緒じゃね?

という疑問をお持ちの方もこの記事を見に来ていただいてるかもしれません。

なので今回の記事では

3つの選択肢から一番イイ、最高の選択の手助けをさせて頂きます。

ガッツリまとめてみました!!
IMG_9324
1,まず、3つの組織の違いは??
まず、サッカークラブのJリーグの下部組織は55クラブ、そして街クラブは全国に無数に存在しています。
ジュニアユース、街クラブ、部活動の1番の違いはやはり
Jの下部組織はプロサッカー選手を輩出するための組織
として存在していること、です。
基本的に街クラブと部活動は入団、(入部)の意思を示し届け出を提出すれば入団可能のチームが過半数です.
しかし勿論強豪と言われるチームは入団希望者が殺到するためセレクションを開催しています。
そしてJリーグのジュニアユースは全てのチームでセレクション(試験)を開催しており、チームによっては三次試験まで実施しているチームもあります。
基本的にはクラブのホームページにセレクション情報が掲載されていますので、ご覧ください。
IMG_9325

ではそれぞれの特色を見ていきましょう

部活動
メリット
学校が終わってすぐに練習することができる。
小学校から仲の良かった友達と一緒にサッカーが出来る。
私立では本格的に全国を目指している部もあり外部からコーチも雇っている。
比較的初心者でも入部できる。
デミリット
実際の所、高校と違い中体連のサッカー部は私立以外にはJジュニアユースや街クラブと張り合える部はほぼ存在しない。
サッカーで上を目指す。という目的ではなくあくまで人間形成として存在している。
入部体験の時に良かった先生が一年で異動してしまう可能性がある
テスト期間は部活動がなくなり自主練しかできない
街クラブ
メリット
全国に無数に存在しているため自分の家から近いところに所属出来る
チームによってさまざまな特徴をもったクラブが多く「ドリブル」「パス」中心のチームも数多く存在していて、自分が納得してチームを選ぶことができる。
しっかり街クラブでも全国に出場するチームも多く、結果を残せばスカウトが必ず来る。
万が一退団しても移籍できる。
デメリット
色々なチームが存在するが故にチーム選びを失敗してしまうことも。
全国の常連チームもセレクションがないチームも多いので選手の数が多く三年間試合に出れない可能性もある。
J下部組織
メリット
確実にプロサッカー選手になる一番の近道。
セレクションを勝ち抜けば、スカウトされてきた選手や色々な地域からきた選手たちと高いレベルで練習が出来る。
Jユースに上がれる可能性が上がる
ほぼ毎試合スカウトが視察に来て、ユース世代からスカウトが来る。
デメリット
下部組織は少数精鋭のため、25人ほどしか枠がないにも関わらず、セレクションでは300人を超える応募者が来ることはざらにある。
レベルが高く挫折してしまう子も多い
僕が所属していた大阪の下部組織では卒業するころには学年の三分の一が退団していました。
メリット、デメリットを知って自分が成長できるチームに所属しよう
どうでしょうか?
各組織のメリット、デメリットをまとめてみました。
どうでしょうか?
勿論ですが、正解はありません。
正解は自分で掴みとるのです。しかし、自分の特徴を知っておかなければチーム選びにも苦労します。
今の自分の立ち位置はどこなのか?
プロを目指しているのか、目指していないのか、
勿論プロ目指しているのであればJのセレクションは受けるべきだと思いますし、そこで自分の立ち位置が分かると思います。
そしてデメリットの部分で書きましたが、下部組織に入れたとしてもプロになれる保証もないですし、挫折を味わう場面がセレクションの時点来るかもしれません、がしかし、が、しかしですよ、それがなんだというのでしょう?

挫折したから・・・

自信なくしたから・・・・

俺じゃダメなんだ・・・

なんて思うかもしれません、全然そんなことないです。
大切なことは今の自分が他の子と比べて何が足りないか、課題を一つ一つ減らしていくことです。
今プロとして生活している選手は現在進行形で自分を進化させようと努力しています。
プロじゃない育成の人は更に努力しないといけないことは本人と親御さんの共通認識としてもっていてほしいです。
是非、親御さんには子供に過度なプレッシャーを与えず伸び伸びとプレーさせてあげてください
多感な時期で息子、娘さんの言動に腹が立ってしまうかもしれませんが、、、(笑)
もし悩んでるあなたにこの記事が少しでも役に立てれば幸せです。
snsでこの記事を褒めてやってくださいw

今回は僕の経験談も含めてみました。

今の時期からじぶんに進路を選んで目標に向かって走りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました