嫌なことがあった時ズルズル引きずらないタメの4つの方法

生活
スポンサーリンク

こんばんは。

あなたは日々の生活の中で嫌なことがあった時、

そのままズルズル引きずったりしていませんか?

  • 好きだった相手にひどい言葉を言われた。
  • 先輩、上司に心ない一言を言われた。
  • ミスが続いて嫌な気持ちになった。

などなど

人の嫌な気持ちになる瞬間は千差万別ですが、

誰しも嫌な気持ちになる瞬間があると思います。

カタチャン
カタチャン

僕はある。

でも……

正直言ったら時間の無駄じゃん?????

嫌なことより楽しいことが多い方が人生ハッピー!フォーーー!!

ですよね、絶対。

この記事に出会えたアナタは幸運です!

今日からそんな気持ちになっても、この記事を読めばすぐに晴れやかな気持ちになれるのですから!!

なんてったってあの

メンタリストDAIGOから直接聞いた方法もありますからね。。!

では、行ってみましょう~~

ズルズル引きずる癖をやめるには。

こんな事を言われたことはないですか?

「そんなちっぽけなことをズルズル引きずってんじゃねーよ!」

って。

第三者から見たらちっぽけなことに見えることでも、当の本人からしたら世界が暗く沈むぐらい大変な事なのです。

そんな時、一刻も早くこの方法を抜け出すのにはいくつかの方法があります。

それでは行きましょう!!

誰かと話す。

とりあえず誰かと話す!!

嫌な気持ち、BADになってる時は何も話す気が起きません。そうすると余計に気持ちが下へ向かってしまうのです。

そんな時は声を出して、言葉にしましょう。

変にわざとらしくポジティブな言葉を出しても悲しくなるだけ。

ここは思いっきり不満を声に出して、スッキリしちゃいましょう!

こんなことで大丈夫?とか思ってるそこのあなた、こんなことで大丈夫なんですよ。

カタチャン
カタチャン

答えは意外とシンプルなもんだったりします。

携帯を観るのをやめる

はい、なんでだと思いますか?

答えはシンプル、携帯を見てる間は顔を下に向けてますよね?

今のアナタみたいに。

顔を下に向けるのは科学的に憂鬱な気分になりやすいという結果が出ています。

携帯をみて嫌な気分を紛らわす、、、というのを最初に思いつきそうですが

余計にネガティブになるかもしれませんね(ひえっ)

カタチャン
カタチャン

これが本末転倒ってやつ???

 8時間寝る

最近頑張りすぎじゃないですか?あなた。

カタチャン
カタチャン

根詰めすぎてない?

睡眠はみんな削りがち……悩んで眠れない……こともあるかもしれません。が、

睡眠は8時間、せめて毎日7時間取ると生活の質が全く変わってくるんです!クゥーー

5時間睡眠とかが続いていくと脳が正常に動かなくなり、

常にネガティブになるらしいです。

勿体無くない?

寝ようぜ!みんな寝ようぜ!!!

瞑想する

これ、DAIGOさんから直接教えてもらった方法です、GACHIで。

実は高校生の時に東京行った時にDAIGOさんの講演会に行ったんですよ、僕意識高いんで、

その時に僕が質問コーナーの時に集中力を高める方法と、嫌なことを忘れる方法を聞きました。

そうするとDAIGOさんは、

「瞑想すること」と答えてくれたのです。

カタチャン
カタチャン

GACHI感動。

瞑想することによって今の自分の立ち位置が分かり、客観的に見つめることが出来ると、

そうすることによって今の悩みの答えが見つかることがある。

なるほど、凄い合理的ですよね。

さすがDAIGOさん。

気持ちが落ち込んでる時って心の出口が真っ暗になっちゃってますよネ、

なぜかと言うと、視野が極端に狭くなって、全てがこんがらがってしまっているのです。

瞑想はそれをいとも簡単に出口に導いてくれますよ。

皆さんも、

Lets瞑想!

I say 瞑!! Yousay想!!

瞑!!想!!瞑!!!想!!!!

カタチャン
カタチャン

ヤバTの新曲みたいになってしまった。

みんな、どうせなら嫌なことも楽しく消化しちゃおうよって記事でした!終わり!

じゃあな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました